税理士だからできる、相続準備の有利な進め方

相続でどうすればいいかは専門家に聞けばいい

相続について何をすればいいのか、と言われると相続税の支払いくらいしか思いつかない。そんな方が多いですよね。確かに一番大事なのはそこになるのですが、相続に関してはそこまでの準備がとても大変なのです。支払う相続税を決定するためには、現在の資産状況を明確にしなくてはなりませんのですが、これを金額として計算する方法など不動産屋にでも勤務していなければ知りようもないのです。もちろん役所の窓口で相談にはのってもらえるのですが、相続の処理を専門にしている税理士に相談した方がメリットがあるのです。

専門家だからできること

もちろん自分で全てを整えるのは可能です。ただし、資産の種類ごとに税率の計算方法やどのような控除を受けられるかなどを最初から調べていくのには膨大な時間がかかります。それに加えて、実際の資産の価値の算定にもまた多くの業者への依頼をしたりしなければならず、普段の生活にそれだけのことをする時間を取り込むのは非常に難しいのです。多くの相談を受けるために、それらについての方法を詳しく把握していて、代行してくれるのですからこれは大きなメリットであると言えるでしょう。

まずは無料相談をしてみては

多くの税理士事務所では無料相談にのっていただけますので、自分でできるのかどうかの判断材料としてだけでも利用してみる価値はあるでしょう。現在大まかに把握している資産や負債の状況があれば、どのような進め方をするのがベストなのかを教えてもらえるからです。その説明に納得をして相続税の処理は依頼した方がいいと思えば、そのままお願いをすることもできるのです。ですが、相続人同士での争いには関与できないので注意が必要です。話が法廷に持ち込まれる場合には窓口として弁護士への依頼を視野に入れる必要がでてきてしまいます。

平成27年以降の相続は基礎控除が引き下げられたため多くの人が対象になります。10か月以内に申告と納税を済ませなければなりませんので相続の申告を税理士に依頼するのは大変良い方法です。