信用取引に関する注意するべきポイントとは

担保が特に必要ないこと

信用取引というのは、色々と良いところがあります。まず、自分の資金以上に運用が出来る、ということがあります。これこそが、信用、という部分になります。そして、特に担保が必要ないのです。これは証拠金という形で取られることがありますが、これは担保というよりはあくまで元本という意味合いが強くなりますから、担保ではないでしょう。ですから、意外と簡単に始めることができるような取引になっていることは確かでしょう。

どんな取引が信用取引ではあるのか

まず、信用取引といえば今はFXでしょう。これは外国為替証拠金取引というものであり、外国為替を取引します。常に変動しているわけですから、それを狙って取引をするわけです。それ自体は珍しいことではなくなっています。具体的にいいますとこれはレバレッジをかけることによってとても良い取引にすることができるようになっているのです。つまりは、自己資金の何十倍も利益を出すことができる可能性が出でくるのでお勧めできます。

リスクがあることも理解しておきましょう

信用取引は、自己資金以上に損をすることがありますから、その点のみは覚悟しておきましょう。つまりは、自己資金が200万円だとしてもレバレッジを10倍にすれば2000万円以上の取引ができるわけですが、この時に10%の利益を出せば200万円の利潤となります。これは自己資金が倍になったといえるでしょう。しかし、マイナスに10%となりますとすべてを失う、と言うことです。それ以上であればマイナスになってしまう、ということになるので注意しましょう。

信用取引の担保は委託保証金といわれるもので、その額は最低30万円と法令で決められています。その他、保有する株式やETF等が担保になります。